我が軍の比較的客観的な情報

2005年05月17日

那須野は救世主現るを感じさせる逸材

 SIMOONさんのコメントもありましたが、那須野はどうだったか?

実際の映像から受けた印象は、当ブログでも定番の「まあ一服」「紙屋さんブログ」でも詳しく書かれているのでそちらをご参照いただきたい。

今日は愛読紙の日刊ゲンダイで、その那須野が大見出しで載っていた。ごらんになられた方も多いかと思うが紹介させていただく。

まず見出しは「6回4失点ながら新人那須野(横浜)は救世主現るを感じさせる逸材」と。昨日の経過を記述した後、牛監督の「いい球が来ていた。今後も(先発は)十分ある」という例のコメントが。

なぜかTVK鈴木隆氏の論評がこの記事の根拠となっているところがあやしいものの「今後はローテの一角を狙っていけるはず」「二軍キャンプでしっかり走りこんだことで下半身が安定。球に伸びが出てきた」「大柄な体を存分に使いきり、長い腕が遅れて出てくるフォームは相手打者にとって球種が見極めにくいはずです」「将来は横浜のエースになるだけの逸材」と鈴木氏の威勢のいいコメントのオンパレード。

更に、なぜか引き合いに吉見が出され「同じ左腕の逆指名ながら4年間でわずか21勝(ちなみにこの21勝は過去3年でのもの。過去3年なら三浦が15勝、斎藤隆が9勝、川村が9勝、と実はこのチームの勝ち頭なのですが)と期待を裏切る」「しかも今年は開幕前の調整に失敗して一、二軍を行ったり来たり」と酷評されている。実際は我々は全く吉見に期待していないし、最下位時代には「よくやってくれた」との想いがあるにもかかわらず。

そして記事は「那須野が吉見に代わって左のエースにのし上がるのも時間の問題」と。そもそも吉見は左のエースでもなんでもないんですが。いずれにしても那須野君が雰囲気あるのはいいことです。




ロカ
4408534706中島 らも

おすすめ平均
starsさよならの集大成
stars遺作は良作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



be_a_hero_in_akasaka at 00:42|この記事のURLComments(5)TrackBack(4)

2005年05月16日

12球団ブログに投稿!

「★★12球団代表ブロガーがXXXするブログ」に拙文を投稿しました。よろしかったら読んでください。また皆さんの叱責や訂正を受け入れさせていただきたいと思います。投手編は現在編集中です。

ブラックリストなんて怖くない
ブラックリストなんて怖くない



be_a_hero_in_akasaka at 23:25|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

2005年05月14日

ウィットの猛打賞、そしてご家族のこと

ウィット選手はとてもマジメなアツい奴のような気がします。そして打撃同様なんとなく不器用な...
続きを読む

be_a_hero_in_akasaka at 04:39|この記事のURLComments(4)TrackBack(1)

2005年05月10日

大魔神が帰って来る?

復帰が恐ろしい、いや待ち遠しいですね。

 横浜佐々木主浩投手(37)が9日、横浜市内の病院で右ひざの検査を受け、今日10日に患部の内視鏡手術を行うことが分かった。手術はささくれ立ったひざ関節付近のクリーニングを行うもの。1カ月程度でキャッチボールを再開できる予定で、前半戦での復帰を目指す。
続きを読む

be_a_hero_in_akasaka at 13:48|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)