2006年11月06日

仁志放出の深謀遠慮1

電撃的に仁志のトレード獲得が報じられた。このトレードの意味は何か?

当ブログでは、先日松井カズ獲得の大号令を発した。それはポスト琢朗の危機感からだった。強い二遊間を作りたいとの想いだった。

しかし、よく考えれば、このチームはそもそも二塁手がいない。終盤で藤田を使ったのは、将来を見据えた話というよりは、内川が完全に二塁手失格であるというだけの話である。大矢監督も既にその主旨の発言を出している。そうなれば、まずは来季序盤を考えても、ポスト琢朗よりもまず二塁手を探す方が先なのかもしれない。その意味でも松井カズ穫りは意味あるものであるが。

翻って読売。スンヨプの残留が一段落。小笠原が穫れればサード、二岡遊撃・脇谷二塁で充分。松井カズ獲得なら遊撃松井カズ・三塁二岡。いずれにしてもただでさえ持て余していた仁志は余る。

そしてここに来ての仁志の我が軍への放出。「とりあえず来季の二遊間は仁志と琢朗でなんとかなるだろ?仁志の高年俸の補償もしてやるから松井カズには手をだすな」という読売のメッセージ、そしてそれに対する我が軍の隷属を感じざるを得ない。

まさに貧すれば貪する。このままセ・リーグの楽天と化していいのか!フロントの真意を質す!

(追記)
まさか交換要員がいたとは!しかもそれが小田嶋とは!読売にも舐められたものです。せめて種田でしょう?

be_a_hero_in_akasaka at 22:54│Comments(4)TrackBack(1)06ストーブリーグ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 仁志効果3  [ 1日1ベイ! ]   2006年11月29日 22:24
大矢は就任以来、選手にどんどん自己主張して欲しいと願っている。

この記事へのコメント

1. Posted by SIMOON   2006年11月07日 11:56
タクロウ、種田のニ遊間から、タクロウ、仁志ですか。。来年も最年長ニ遊間ですかね。。。

読売はなかなか打つ手がうまいですな。自社のロートルを放出して松井カズの競合を一社減らしたということか。。。
2. Posted by SIMOON   2006年11月07日 15:25
ちなみに大矢監督のコメントでは、「今年の最下位の原因の一つは二塁手」とのことだそうです。
3. Posted by 強い横浜が見たい!   2006年11月08日 00:56
2・3年は猶予が出来たという事。この間に若手で二遊間が伸びて来ないと、万年Bクラスは抜けられなくなる可能性が高い。出来れば、村田を一塁に石井を三塁、内川遊撃で仁志二塁がベストかと。松井和は本当に獲りに行くのか?その前にいつになったら狭い浜スタから脱出し、みなとみらいの横浜ドームに移れるのか?器を大きくし、球団収入を上げないと、いつまでたっても読売や中日、ソフトバンクのような大型補強は望めないし、強くなれない。
4. Posted by be_a_hero_in_akasaka   2006年11月08日 22:20
SIMOONさん、強い横浜が見たい!さん、コメントありがとうございます。
大矢監督の「二塁手のせいで最下位だった」発言は、各紙に載りましたね。そして今日は吉村一塁コンバート説も。また、読売は1億減俸の谷を獲得しています。
戦力という意味では、確かに2〜3年の猶予期間を得たに過ぎません!
一方で対ライバル11球団という相対感からすると、報道のとおりなら読売の勝ち、オリックスの引き分け、横浜の負けかと。報道は読売のメンツを立てただけで実際の密約では、仁志に対する読売からの年俸補填があることを願います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔