2006年09月09日

さてストーブリーグだ!

 例年(といっても2年目だが)、ブログは「終戦」の日で終わらせる形になっている。が、しかし、今年は清原の笑える(笑われる)サヨナラ満塁ホームランで一旦筆を置いたが、また「闘い」が始まった。もちろんプレーオフに参加する資格は全くない。誰よりも早く突入した「ストーブリーグ」である。

 まず監督から始まっている。いつもながら「1日1ベイ」怒り屋さんのブログはとてもモノを考えさせてくれる。98年以来、このチームは何をやってきたのか?もっと言えば、古葉さん以来、どうなっているのか?

 牛監督は、限られた条件の中ではよくやった、ということになるのだろう。人間として同情もする。チームが負けるのは監督だけのせいではない。しかし、佐伯の4番固定など、打者の用兵は悪かっただろう。これはここでもう総括を終わりにする。もう覆水は盆に帰らぬのだから。

 さて、新監督。現段階で名前が挙がっている人(今日の日刊ゲンダイで名の挙がったピネラも含む)でいえば、やはり平松だと思う。なぜか?

 このチームには、真の「強い」男がいないと思う。「つなぎ」の打線?心地のいい言葉だ。先発は100球でいいいの?クアトロKがいるから大丈夫なのか?真の4番もいなければエースらしいエースもいなかった。そんなチームの次代のリーダーは誰?思えば、平松以来、本当に、「他に出しても恥ずかしくない」中心選手っていないのでは?(田代や駒田には器を感じない。明夫や遠藤ではやはり気概が平松の10分の1以下では?)負け犬のチームにはなかなかそのキャラクターを求めるのは難しい。その「DNA」を選手に注入してほしい。

 外人は博打でしょうな。当たれば大きいが、これ以上下にはいかないのだから、生え抜きの指導者にノーリスクで仕事を任せるべきだと思う。

 さてさて、多村はどうしよう?種田や佐伯は来年もやるの?ストーブに薪をくべます。ここからBAHIAブログ、復活です。

 

be_a_hero_in_akasaka at 02:10│Comments(2)TrackBack(1)2006 闘いの軌跡 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 祝!100万人突破!  [ スポーツつれづれ観戦日記 ]   2006年09月19日 00:11
 横浜ベイスターズの観客動員数が、9月18日の中日戦での14,166人を以て、100万人を突破しました。  パチパチパチ。  昨年は、セ・リーグで唯一、100万人の大台に乗らなかった。楽天にも(非常に惜しかったが)及ばず、12球団で最少の動員数だった。  それに...

この記事へのコメント

1. Posted by tim_morry   2006年09月18日 23:35
こんばんは。お久しぶりです。
平松監督はないんじゃないかな…というのが私の推測です。自分が200勝するために若手を潰した、という印象が根強くあるからです。
しかし親会社も大洋からTBSになったし、変化があるかもしれませんね。
2. Posted by ミュウミュウ バッグ   2013年12月12日 04:05
“How do you mean, ‘free’?”

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔