2006年04月20日

4/19 横4−3広 前夜の大敗が勝たせてくれた!4

 雨降って地固まる、か。そこまで強気にはなれないながらも、少しは形ができてきたような気がする。もちろん、投手戦なら番長先発のときだけ、あとは乱打戦で大勝パターンしか勝っていないのは事実だが、とにかくそれでも数少ない勝ちパターンをしっかり勝てたことは大きい。



 何よりブルペン陣の役割がはっきりしてきた。本当に弱いチームは勝つときはバカ勝ちして、負けるときは惜敗する。この1週間、まさにそんな感じであったが、昨夜のアゴ倉のおかげでその悪循環にもピリオドが打てた。

 リードしている8回は当分は木塚だろう。川村とのポジションの入替えがされた感じだ。そして、日曜に初めてハマスタに登場したソニアも、使えそうな目処がたった。吉見やベバリンなど5回6回をヨロヨロ投げた先発のあとで6回7回を任せることができそうだ。何より、加藤→木塚、と横手投げをつながずに済む(本来は川村が本調子ならそれでいいのだが)。クアトロKは残念ながら解散だが、勝ち試合ならソニア、高宮、木塚をつないでゆく形ができた。加藤・川村もやや気楽なところで調子を取り戻せていける。

 打線は多村またか・・・、という感じだが、これで本格的にメスを入れていける。村田が5番に昇格しただけで6番古木も機能した。そして、タクローの名球界入り後のレギュラーとしてスタンバイしている内川。古木とともに非常に高いモチベーションが保てている。4番を外してファーストでの起用により(或いは1塁種田、2塁内川)、一足早くレギュラー復帰の道もほぼ視界に入った。吉村とともに一気にガラっと打線もリフレッシュすべきだろう。

 借金7は2勝1敗で7カード連続勝越ししなければ返せない大きな借金、つまりほぼ1ヶ月間で勝ち越しを続けなければならない。が、今週は幸いにも広島・ヤクルト戦。軌道修正の最後のチャンスである。


be_a_hero_in_akasaka at 01:43│Comments(0)TrackBack(1)2006 闘いの軌跡 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 祝・FMY砲結成!!(YB情報)  [ おっとり横浜ファンの独り言 ]   2006年04月20日 20:38
三浦投手が7回を被安打5、奪三振4、四球1、自責3とゲームメイク。 代わった木塚、クルーン投手もしっかり抑え逆転勝利。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔