2006年04月05日

4/4 横8−8中 WBCのボールとは全然違う?3

 なにやらメチャメチャな試合としか言いようがない。門倉・木塚が7回2失点に抑えて川村につなぐ必勝リレー。その川村が、谷繁にソロ本塁打を被弾して同点となるだけではなく、あのタイロン"カネになびいた"ウッズに満塁本塁打を打たれるとは...。そして、その後に多村、相川の本塁打。そして9回には2点差を追いつく多村のこの日2本目の本塁打。そして投手がいないとはいえ、牛監督が延長の3イニングをクルーンに任せて、壮絶な引き分け!

 かなり総括のしにくい試合だが、ポイントは以下のとおりかと。



1.延長の闘い方
クルーン以外の投手ではたちまちに勝越し点を与え、みすみす数イニングで勝ち星を相手に与えてしまう。一方相手を抑えておき、イニングの裏で1点でもとれば、わずか数イニングで勝ちが取れる。そんな難易度の中でクルーンを引っ張った牛監督。昨年は引き分けも多かったが、よく最後の回に吉川とかが打たれて負けていた。怒り屋さんブログでも指摘のあるとおり、ここで負けて混戦のセ・リーグに取り残されるのは避けたいところ。この采配には久々に喝采を送りたい。クルーンだってもともとはセットアッパー、3回くらい投げてシーズンに向けてむしろ調子が上がったのではないか。

2.WBC組(含む谷繁)本塁打揃い踏み
愛読紙の日刊ゲンダイでは、中日は(本拠地のナゴヤドームで)今年は更に飛ばないボールの本拠地での採用を決め、ますます投手有利の闘いに持ち込もうとしていると聞く。それにひきかえ、今日の本塁打の乱れ打ち。WBC組からすれば相当飛びやすいボールだったのか。そして本拠で不満のたまる中日の両外国人にとっても、「ポーン」と飛ぶ球だったのか。一昨年の悪夢を思い出したくもないが、あの本拠地と投手・野手のラインナップからすれば、我が軍も飛ばないボールを使うべきではないか。多村と李スンヨプしか本塁打を打てないくらいのボールでもバチはあたるまい。おっと、村田もあのボールで松坂から本塁打を打っていた。

3.中継ぎ陣はこれから調子が上がるのか?
先日加藤が打たれ、今日は川村がまさかの炎上。こうなってくると新戦力のソニアも待ち遠しくなるし、明らかにだぶついているタカノリや古木を交換要員にした中継ぎ(特に左腕)のトレードも待ち遠しくなるだろう。しかし、他チームを見てもあの岩瀬も2度の救援失敗、岡本もポカスカ打たれたし、今日日ハムのマイケルも打たれた。豊田も危なっかしい救援であれば、藤川も久保田も調子が出ていない。リリーバーとは適度な緊張感の中でその本領を発揮するもの。まだシーズン序盤ではエンジンのかかりも悪いのかもしれない。そう考えて、トリプルKの復活を待ちたい。そして、クルーンが進化したことだけは非常に好材料。時に先発が8回まで投げる試合もあるだろう。序盤に打線が試合を決めてしまうこともあるだろう。序盤は特にそうやって皆で中継ぎ陣を助けてほしい。



be_a_hero_in_akasaka at 02:11│Comments(5)TrackBack(3)2006 闘いの軌跡 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 4/4  引き分け! ベイスターズ対中日戦1  [ ベイスタ☆ファンの日記帳〜! ]   2006年04月05日 09:33
 何から書けば良いのでしょうか大変な試合となってしまいました。{/hiyob_hat/} 去年と同じで中日戦は終盤にもつれます。今日も後半、八回九回は、ど派手な点の取り合いとなりましたが、五回に打たれたアレックスのホームランが、嫌な流れの始まりではないでしょうか。{/hiy...
2. あきらめない!あきらめない!  [ スポーツつれづれ観戦日記 ]   2006年04月06日 00:51
 病院からの帰り道、ラジオを聞いていた。  横浜が1点リード。  帰宅してテレビをつけたら3−3の同点で、しかも1死満塁のピンチ。  奥の部屋にちょっと行って戻ってきたら、ウッズが満面の笑みでホームインしていた。川村が満塁弾を喰らったのだ。  8回表を終わっ...
3. 横浜 8−8 中日/1勝2敗1分  [ 底辺で「おーぼーげー」を叫ぶ ]   2006年04月06日 06:43
本拠地開幕戦、中日ドラゴンスとの試合…相変わらず長い(笑) 色々有りすぎて、疲れちゃったんですけど。これって8月とか9月によくあるパターンの試合展開だったのにまだシーズン始まったばかりだよ(^^; 試合時間5時間10分、両チーム合せて7本のホームランが...

この記事へのコメント

1. Posted by SIMOON   2006年04月05日 12:44
先発の威力がやや弱い(一応5人固まっているものの、本当に計算できるのは三浦・土肥・門倉のみ/高宮君がどこまでやってくれるかは楽しみですが。)我が軍の生命線は昨年同様、6回以降を投げるセットアッパー陣であることは変わらず。それが今年は加藤は三戦なげてすべて打たれているし、昨日の川村・・(川村、二段モーション修正の影響か球速も下がってますね。)不安が残ります。

誰かくすぶっているいい左腕中継ぎいないですかね?
2. Posted by be a hero in akasaka   2006年04月05日 12:57
どうもシーレを見ても有望な若手はいないし、岸本・吉川あたりの成長を待ちたいですね。何度も言いますが、古木・タカノリ・吉村の「守れない打てる外野手」のだぶつきが気になります。読売ではないのだから、適材適所でトレードは必要だと思います。そのほうが選手のためですし。
3. Posted by SIMOON   2006年04月05日 15:00
タカノリは買い手がつかないんですかね?古木、吉村はまだおお化けする可能性があるのでちょっともったいない気が。。。
4. Posted by be a hero in akasaka   2006年04月06日 00:30
みんな知っていると思いますが、タカノリはいい選手です。なぜ外野をやっているのか不思議ですが、DHやファーストならまだまだイケる。古木、吉村は、「まだまだ大化けする」と思われている間が華です。石井義のときは商売を失敗しました。細見・石井義と富岡・中嶋。東・田崎⇔土肥は大成功ですが、やはりDHの人材も不足していることだし、西武さんが相手としては妥当でしょうか?三井(年俸4300万円)が浮いています。しかし、日本のトレードって、初年度はトレード先で年俸が下がらないようにするのが紳士協定らしいですね。その意味ではタカノリを今年出そうとすると、相手先が2億を払わなければならない。そうなると、タカノリをトレードに出せるのは横浜が大減俸を行った後の来オフ。それでは遅すぎる。値付けをしたのは旧チームの責任だから、その差額は払ってでもタカノリにチャンスを与えるべくトレードに出すべきだと思います。
5. Posted by SIMOON   2006年04月07日 16:42
なるほど。その紳士協定がタカノリに買い手がつかない理由だったわけですな。

古木はあれだけ去年出たい出たいといっていたのに出さなかったのはなぜでしょう?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔