2006年04月04日

4/2 横4−7読 課題が早くわかってよかったじゃないか!

 開幕3戦目にして初のテレビ観戦。選手の表情もよくわかるし、やはりテレビ観戦も捨てがたい。しかし、一番目に映るのが吉見のなんともいえない渋い表情だけではいただけない。

 前日の土肥と同じ左腕が同じ読売打線と相対するのに、あのボール球の多さは何たることか。フラフラっとストライクを取りに行くと素直にヒットを打ち返される。少なくともこの日のツーシームはまるで通用していなかった。あんなに球数が多いのでは先発でも5回が精一杯。今季のセ・リーグの打線を考えれば、読売に通用しなくてどこに通用するのか?緒方がいて左を苦にしない前田がいて新井がいる広島?ラロッカ・ラミレスと右の外人がいるヤクルト?打てない中日だってウッズもアレックスも右打者だ。一度セットアッパーでもやって根性を叩きなおしては?(以下に続く)


 さて、この試合、初回の攻撃にも疑問が残る。二死からの金城の本塁打につぐ連打で1、2塁。種田が三遊間を抜く。二死だから走者は自動スタート。確かに2塁走者の佐伯の足は遅かった。しかしレフトは「投げられない」清水。どうしてコーチは佐伯を3塁で止めたか?2死から5連打する確率と、清水が本塁に好返球する確率のどちらに賭ける?案の定清水の返球は思い切り1塁側に逸れていた。WBCの暴走とも言える松中の本塁を狙う走塁。村田の三振は結果論でもなんでもない。貪欲に本塁を狙い、クールに相手の弱肩を笑う走塁がほしい。ここで2点目が入っていればグローバーの動揺も大きかっただろうし、修一にも余裕が出たに違いない。

 吉見はピリッとはしないものの4回表の1死1・2塁の自身の打席。この打席こそ吉見の真骨頂発揮の打席ではなかったか。あれだけ李承ヨプ(ヨプは火へんに華)が猛ダッシュ。バッティングは藤田よりはよい吉見である。結果的にタクローにタイムリーは出たが、あそこは気持ちよく吉見に打たせてその後のピッチングに弾みをつけてほしかった。

 そして6回からは継投勝負。下位打線の6回を加藤、というのは定石だろう。川中に適時打を打たれるも金城の好守で最小失点に防ぐ。まだゲームは壊れていない。なぜ7回木塚ではないのか?はじめから6回加藤・7回木塚・8回川村で合間に左を挟む継投ではないのか?こういう感じで加藤を2イニング使う継投では、今季も加藤で10試合は落とすのではないか?木塚のほうが、川村のほうが信頼できるのではないのか?そして左投手の不在の大きさ。7回の二岡を加藤が抑えて、李承ヨプ(ヨプは火へんに華)・高橋由と続くところに左を投入、というならまだ合点がいく。しかし、あそこで加藤を続投させているところに、我が軍の深刻な左腕不足が透けて見える。慌ててプロ野球名鑑を見てみた。この日信頼感がイマイチでつぎ込めなかった佐久本、前日先発の土肥、当日先発の吉見、次節先発予定の高宮以外には、那須野・岡本・稲嶺・飯田しか左がいない!いずれも未知数の若手ばかりである。

 もちろん右のソニアを獲得しているチームの補強戦略には異を唱えざるを得ないが、明らかにだぶついている守れない外野手古木・タカノリ・吉村あたりを犠牲にしても左を獲りに行くべきではないのか。或いは、先発は5人で中4日起用、吉見を中継ぎに回すのはどうだろう?吉見の新境地も期待できるし、何より加藤や木塚にも余裕ができる。

 早々とチームに突きつけられた課題。これを克服しない限り今季は闘えないぞ!

 尚、佐伯の一悶着もあったが、今季の読売、尾花の教えだろうが、やたら内角責めが目立つ。なめんなよ!


追記)小池に元気がない!結果ばかり求めずに思いきってイケ!

be_a_hero_in_akasaka at 01:26│Comments(2)TrackBack(3)2006 闘いの軌跡 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ★開幕カードは勝ち越せず(デイリーベイスターズ)  [ ベイスタ☆ファンの日記帳〜! ]   2006年04月04日 11:37
◆横浜4―7巨人/2番手加藤が不調【評】牛島語録 BSマイク 金城選手のコメント(初回二死から右中間席へ先制の1号)写真・・5回、横浜・佐伯の時に内海の投球が暴投となり、両軍選手らがベンチから飛び出しもみ合いとなる=東京ドーム ★牛島監督、怒りと黒星のダブル...
2. ☆緊急募集!  [ ベイスタ☆ファンの日記帳〜! ]   2006年04月04日 11:38
中継ぎ左腕募集!! 当球団では、ペナントレースを乗り切るため、中継ぎ左腕を緊急募集致します。 ’齢 35歳位まで ∋餝福。隠苅哀ロ以上投げられる制球の良い方 5詬拭^兀挂銘未両 ざ侈鈎蓮’塾呂鳳じて横浜または追浜 働く場所が沢山あります!あなたの経...
3. 開幕3連戦  [ 紙屋治兵衛の横浜ベイスターズ批評 ]   2006年04月04日 13:28
G投新戦力 福田1勝、豊田は初S (スポーツニッポン) - goo ニュース またも“天敵”に沈黙 開幕連勝逃した巨人 (共同通信) - goo ニュース 「脅威の7番」村田2発6打点 (スポーツニッポン) - goo ニュース 8与四球で大敗に渋い顔 牛島監督 (共同通信) - goo ニュー...

この記事へのコメント

1. Posted by SIMOON   2006年04月05日 12:39
右のソニアの補強は意味不明ですね。今年は川村・木塚・加藤が実はケガしているとか通用しないと思われる何かがあるのか、とかかんぐりたくなります。ほんとどうせ取るなら左とれよー。
2. Posted by be a hero in akasaka   2006年04月05日 12:53
確かに3Kに何か問題があるのかもしれません。左は絶対数が少なすぎますな。パで左の代打やDHが不足しているチームにタカノリか古木を売り込んで左投手を獲得すべきだと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔