2005年08月03日

8/2 横3-2神 セ・リーグの灯はまだ灯っている

 煮え切らない闘いで球宴後3敗2分。貯金はあっという間に借金生活に。球宴前の悲壮感漂う闘いで阪神を追い上げた(と勝手に思っているのはファンだけかもしれないが)時の勢いがどうも空回りしていた。その間にオレ竜は11連勝。本来は首位攻防戦として迎えたかったハマスタでの阪神戦はむしろヤクルトにケツに火をつけられながら迎えた闘いであった。

 球宴前の死闘を思い出させる阪神戦。我が軍の先発はエース(もはやそう呼ばせてもらおう!)門倉。敵もやはりエースの井川。表ローテ同士のガチンコの闘い。仮に今季の結果がどうなろうとも、球宴前の3連戦、そしてこの3連戦、首位チームの阪神とガチンコで闘い、球宴明けの中日とガチンコで闘った、その事実が力になるはず。絶対に負けられない3連戦である。

 1回表はいきなり1死満塁。しかも打者は今岡、絶対絶命である。しかし二ゴロ併殺。ゲッツーが普通に取れるようなチームになっている。嬉しい限りであある。

 その裏、いきなりタクローが初球を2塁打。さて小池。バントをするのか、しないのか。結果は中途半端な遊直。まだまだ2番打者としてのスキルは足りない。

 しかし、4回。なんと門倉が押出しの四球を選ぶ。第一打席を見ても全く打てなさそうな門倉。敵に点をもらったようなもの。そして今日当たっていたタクローの適時打でこの回3点。結局この回の得点がこの日の全得点となるわけだが、実にソツのない得点と言える。

 門倉は本調子にないのか。しばしば四球を出し塁上をにぎわせる。しかし、それでも7回までマウンドに立ち、要所は併殺や内野ゴロで凌いだ。そして7回2死からのホルツの投入。川村−クルーンの継投。完璧な勝ち方であった。

 確かに圧勝はない。毎日似たような試合をしている。でも諦めずにチームが闘っているノリがある。以下気づいたことを記すが、このチームの進化は停まっていない。それだけは感じさせる好試合であったと感じる。あと2戦、奇跡の(そんな大げさではないかもしれないが)3タテで「死のロード」に入る虎にプレッシャーをかけ続けたい。

(気づいたこと)
1.1点を大事にすること。その意識付けはすばらしい。無死2塁では送りバント。そのバントもうまく決まる。1点を大事にする野球が浸透しているのはほんとうに喜ばしいこと。しかし、逆に1点に脅えていないか。リスクもとらなければ得るものもない。6回1死3塁での金城の高いバウンドの遊ゴロで三走のタクローが自重した。取るべきリスクは獲ろう。オレ竜と闘った後だけに余計にその違いが感じられた。

2.シーツの安打。なんでいつもあんな当たり損ねなんだろう。バットの根元に当たって内野と外野の間に落ちる。あれは技術なんだろうか。そして今日はなかったが藤本はムカつく。まずあの顔がムカつく。そしてセンターフライになりきらないあの中途半端な中前打→要するに中前テキサス安打。アレに打たれるとガックリ来る。彼は今後も要注意人物と思う。

3.阪神と中日の比較。やはり中日のほうが嫌な相手だ。中継ぎ陣も含めた選手交代のタイミング、その読み辛さ。やはりオレ竜は首脳陣の頭脳が違う。井端・荒木・英智、選手の嫌らしさが違う。少しずつ、阪神とガチンコの互角の勝負ができるようになってきた。ここで阪神を叩いて週末の中日戦に勢いをつけたい。一歩一歩、進歩を続けてゆくしかない。


談合しました

be_a_hero_in_akasaka at 01:04│Comments(5)TrackBack(6)2005 闘いの軌跡 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 首位阪神との接戦を制し後半戦初勝利!  [ B'z・ベイスターズ・キャンプBlog ]   2005年08月03日 01:36
8/2 横浜vs阪神(横浜) 神000 002 000|2 横000 300 00X|3 ピッチャー 神/井川-江草-橋本-ウィリアムス 横/門倉-ホルツ-川村-クルーン 勝:門倉7勝4敗0S 負:井川10勝4敗0S S:クルーン2勝0敗17S 序盤は投手戦で進み迎えた4回、押し出しと石井のタイムリ...
2. 8/2 虎退治で初勝利!  [ 多方面興味関心拡大症 ]   2005年08月03日 03:08
 ベイスターズが阪神に勝利!3-2。  そして同時に、待ちに待った後半戦での初勝
3. 門倉7勝目  [ 紙屋治兵衛の横浜ベイスターズ批評 ]   2005年08月03日 06:33
横浜、阪神を僅差で振り切る (読売新聞) - goo ニュース 横浜、夏の正念場第一戦。門倉が先発し、阪神の相手投手が井川ではあったがなんとか僅差で勝利した。 阪神の拙攻、井川の自滅により救われた部分があったも。しかし、決定的なチャンスで石井がタイムリー打ったり、中
4. 8/2 やったね! ベイスターズ対阪神戦2  [ ベイスタ☆ファンの日記帳 ]   2005年08月03日 11:52
本日のベイスターズ対阪神戦は、3−2で勝ちました。 こんにちは!ダース・ベイスダーです。応援した甲斐がありました。今日も頑張れ!頑張れ!ベイスターズ!負けるな!負けるな!ベイスターズ!! あれだけの得点のチャンスをつぶしながらも、相手の阪神側に流れが行か
5. 8/2 Sh 拙者!ドレッド侍! YB 上位いじめウィークスタート!  [ まぁ一服! ]   2005年08月03日 15:17
お子さんは満足しましたか?さとしさん!
6. 横浜が後半戦初勝利!門倉2失点好投、継投策もズバリ(サンスポ)  [ 親愛なる横浜ベイスターズへ ]   2005年08月03日 17:12
(セ・リーグ、横浜3−2阪神、13回戦、阪神7勝4敗2分、2日、横浜)  待望のチーム後半戦初勝利。先発の門倉=写真=が七回二死走者なしの場面で降板するまで2失点の好投。牛島監督はためらいなく2番手のホルツにつなぐ継投策で阪神打線をかわした。試合後、牛

この記事へのコメント

1. Posted by hero_nao   2005年08月03日 11:20
こんにちは。正直、後半戦のあっけない失速にもうダメだと思っていましたが、ああいう勝ち方されてしまうとやはり目が離せないというか・・・来年のプレーオフをどうこう言う前に今年がんばってほしい!根性見せてほしい!

>取るべきリスクは獲ろう。
盗塁も積極的に仕掛けてほしいと思います。失敗を恐れていては優勝はできないぞ!捨て身!背水!
2. Posted by BE A HERO IN AKASAKA   2005年08月03日 12:05
hero_naoさん!
コメントありがとうございます。まさにその通り、最近の牛監督のインタビューやファンの皆さんのブログを見ると、早くも目が来季に向いてませんか。某読売と違い、十分自力優勝の目は残っているし、しつこいようですが、まだ負け数の差はたったの5つ。直接対決で5つ勝ち越せば、あとは自力で行けるんです。98年以来、この時点で可能性が残っているのは久しぶりです。
結果論として、今季の闘いが来季につながるのはいいことですが、今季を諦めずに闘うことこそ、最も貴重な体験であり、有効な強化策です。
盗塁は、極端に少ないですね。まだまだこのチームに不足しているところですね。
3. Posted by TATEJIMA 4030   2005年08月03日 12:41
昨日は結果しか知らない。
オレ竜が負けてくれたのでゲーム差3はキープできたが、TATEJIMAは近々オレ竜に追いつかれる事になるだろう。その際に、ベイが首位と5ゲーム差のところにいればセリーグは盛り上がると思う。TATEJIMAが独走するのに越した事はないが今のチーム力ではキツイと思うので混戦必至といったところであろう。
4. Posted by YOKOHAMA☆LINER   2005年08月03日 15:18
最近先制→逆転負けのパターンが多かったので、昨日のような逃げ切りのゲームを思い出してくれたことは非常にプラスかと。
なんにせよ今岡&アニキの併殺は大きかったですね〜。
5. Posted by be a hero in akasaka   2005年08月04日 03:02
TATEJIMAさん!
>その際に、ベイが首位と5ゲーム差のところにいれば
そうなんです。まさにそれが目指すところです。今日で8.5差。まだまだ諦めてませんよ。

LINERさん!
本当に「非常にプラス」でした。そして今日も、明日も...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔