2005年07月22日

7/20 横1-0神 互角の闘いができた!

 前々日の緒戦であっさりカブトを脱いだ首位阪神との闘い。2戦目は両軍のエース井川と番長の闘いを引き分けた。後ろにオールスターを控えていることもあって継投が持ち味の両軍が惜しみなくリリーフ陣を継ぎ込んだ。阪神も全力を注がなかったとは言わせない。横で中日が7連勝しているにしても、まるでプレーオフのような真剣勝負がそこにあったと断言できるはず。2戦目には阪神は井川のあとウィリアムズに前日の1回に次ぐ連投を命じ、藤川にも前日の2回に次ぐ連投の1回、そしてクローザーのはずの久保田にやはり1回1/3に次ぐ連投で何と3イニングを投げさせた。一方の我が軍も門倉完投負けの後の2戦目、とうとう川村の2イニング、そしてクルーンを使っての3戦目であった。このガチンコの闘いは、もしかしたら今年の日本シリーズよりも白熱した闘いであったかもしれない。

☆オールドユニホーム斉藤明夫ホーム用



 確かにこの3連戦を通じ、主砲多村を欠き代役の5番種田がブレーキになっている我が軍ももちろん、不動の4番金本と打点王今岡を擁する阪神もやはり打撃が下降線であった。それこそが死闘の投手戦を3度も続けた原因ではあるが、それにしても、各投手の持ち味が光った。緒戦の門倉も好調なら、2戦目の三浦も速球は走り、要所の変化球のコントロールも抜群であった。井川もいざスイッチが入れば剛球を続けて投げ込み、隙を与えない。勿論藤川にはつけ入る隙もない。ややくみしやすしと考えていた久保田さえ、切羽詰った場面では別人のように速球で三振を連取していた。

 そんな投高打低で迎えた第3戦。先発は予想通り斎藤隆と福原。「球は速いけど勝ちきれない準エース対決」となった。ところがその2人がすばらしい。安打性の当たりをほとんど許さなかった福原はもちろん、1軍復帰後2度目の先発の斎藤隆も150キロの速球中心で強気な攻めを続け、決め所ではド低めの直球、外角低めに逃げる変化球で抑える。こんなに生き生きとしているタカシを見るのは本当に久しぶり。ここ数年の彼は別人だったのか。涙が出そうになった。

 そんな2人も100球を超え、どちらに勝ち星がつくのか、どちらにも勝ち星をつけたい展開が続いた。そして自慢のリリーフ陣も連投後でもあり、簡単に継ぎこむわけにもいかない。まず先発投手を下げたのは阪神。8回裏に矢野の幸運な2塁打が出て藤本凡退の後の2死2塁。とうとう福原に代打の片岡を送る。ボールが先行する。歩かせれば次打者は赤星。内野ゴロが内野ゴロにならない嫌な打者。片岡でこの回を終わらせたい。カウントは2−3までいった。そしてギリギリの低めにズバリ直球。タカシが勝った。一度はそう確信させた。

 しかし阪神は9回のマウンドに3連投の藤川を送る。虎ファンがなんと言おうとこれは本気である。連投の疲れはないのか。こちらは金城から始まるクリーンアップ。しかし、まるで抵抗できず藤川の前に3者凡退で終わる。明らかに藤川が試合の流れを強く引き戻していた。

 この強い流れの中、タカシが9回のマウンドに登る。その瞬間、悲劇的な結末と、「タカシに試合を託したのだから仕方がない」という想いと、「それが投手出身の監督の戦法なのか」という想いが交錯した。よりによって先頭の赤星に四球。一番出したくない相手を出してしまう。そして鳥谷がしっかり送る。1死2塁でクリーンアップ。当然シーツを敬遠して、しかし打者は勝負強い金本。ここまできてタカシは代えられない。が、しかし、タカシは金本と今岡をしっかり抑えた。9回を零封!またしても瞼に涙がたまった。

 10回表、藤川続投。この3連戦3連投でありながら2度目の2イニング目の登板。この3連戦全くいいところのない内川に代打古木。前日の川村2イニングといい、岡田監督のテンポのいい選手交代に刺激されたか、牛監督らしからぬ「動き」。しかも古木は前日結婚を発表したばかり。やや出来すぎの感もあるが劇的な瞬間を目指し打席に入る。しかし、連投の疲れか、藤川の投球に「おさえ」が効かない。古木を四球で無死の走者を出す。打者村田。この3連戦何度この光景を見たであろう。バントの構え。1死でも2死でもとにかく走者を得点圏に送り、まぐれの安打を待ち1点を狙う。やはり投手出身か、牛監督の堅実な采配。しかし打者は村田である。2つのストライクをバントできずに追い込まれてバスターのようなことをやって三振。誰もがタカシに勝たせたいはずだったのに、阪神にキッチリできることができない。しかし、続く相川もバントの構え。2死2塁でも得点圏にこだわる牛監督。だが、藤川は相川によもやの四球を与えてしまう。ここでとうとうタカシに代打タカノリ。役者が揃い過ぎ、これで決めたらV戦士の復活で我が軍は一気に勢いづく。しかし、そんなにこの敵は甘くない。今度はウィリアムスを投入。タカノリと続くタクローを抑え込んだ。

 タカシの勝ち星がなくなった10回裏、前日2回を投げた川村が登板。両軍とも、信頼のおけるリリーフが連日勝負をかけて出てくる。まさに短期決戦さながらの展開。ここ何年も短期決戦を経験していない我が軍にとっては痺れるような緊張感が心地よい。川村は何とか10回を抑えた。

 そしてとうとう11回表。先頭打者小池の安打の後、今度は金城がバントを決める。この戦法もまるで短期決戦。あとは確率論。佐伯がやっと適時打を放ち、やっとリードを奪った。ウィリアムスも3連投で2イニング目。いくら短期決戦とはいえ、岡田監督の過酷な投手起用が今後吉と出るか凶と出るか。

 クルーンは危なげない。とうとう虎に勝った。痺れるような緊張感の中で、エースの井川や福原を立て自慢の中継ぎトリオを3連投させた現在のリーグ首位の阪神と全く五分に闘い、1勝1敗1分。目標としていた球宴前10連勝はならなかったが、最後の10試合を7勝2敗1分け。負け数の差を考えても、まだまだ闘える。今季は弱い相手には実力どおり勝ち、そして阪神と中日には実力のとおり負けてきた。だが、この3連戦を通じて、我が軍は虎の闘い方を目の当たりにしたし、そして互角に闘える自信を得たはずである。なにしろ相手はガチンコであった。そして牛監督も、残るシーズン、「勝負をかける」起用法を実感したはずである。非常に意義のある3連戦であった。7年ぶりに後半戦に期待を保ちながら球宴休みを迎えられる。オレ竜よ、球宴で首位チームの選手を酷使してくれ!陳腐すぎる言葉だが「メークドラマ」が待っている!


☆ 日本最速男記念Tシャツ☆ とうとう出た!日本最速男記念Tシャツ




be_a_hero_in_akasaka at 01:29│Comments(10)TrackBack(11)2005 闘いの軌跡 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 7/20 YB 隆の気迫に脱帽  [ まぁ一服! ]   2005年07月22日 04:40
この3連戦は本当にしんどかった…
2. 連夜の延長戦を制し貯金1で前半戦終了!  [ B'z・ベイスターズ・キャンプBlog ]   2005年07月22日 21:36
7/20 横浜vs阪神(甲子園) 横000 000 000 01|1 神000 000 000 00|0 ピッチャー 横/斎藤隆-川村-クルーン 神/福原-藤川-ウィリアムス 勝:川村4勝1敗0S 負:ウィリアムス2勝3敗0S S:クルーン2勝0敗16S 横浜斎藤隆、阪神福原の両先発がお互い一歩も譲らぬ...
3. 7/20 やったね! ベイスターズ対阪神戦3  [ ベイスタ☆ファンの日記帳 ]   2005年07月22日 22:41
本日のベイスターズ対阪神戦は、1−0で勝ちました。 こんにちは!斎藤隆です。 もう不良債権とは言わせません。 二試合続けての延長戦。 まるで首位攻防かと錯覚するかのような投手戦でした。 おそらく背水の陣で、この試合に望んだ斎藤隆投手、昨日の三浦投手に負けず劣
4. プロ野球前半戦終了  [ 「タイトル未定」 ]   2005年07月23日 02:31
前半戦が終了。ベイスターズは最後の9連戦を5勝3敗1分で乗り切りなんと優勝した98年以来の前半戦貯金1!! 去年までの暗黒時代が嘘のようだ。 ピッチャーではやはり投手出身の牛島監督の手腕かベテラン投手の先発での相次ぐ復活が輝かしい。斉藤隆も途中1軍から離脱した
5. プロ野球前半戦終了  [ 「タイトル未定」 ]   2005年07月23日 02:32
前半戦が終了。ベイスターズは最後の9連戦を5勝3敗1分で乗り切りなんと優勝した98年以来の前半戦貯金1!! 去年までの暗黒時代が嘘のようだ。 ピッチャーではやはり投手出身の牛島監督の手腕かベテラン投手の先発での相次ぐ復活が輝かしい。斉藤隆も途中1軍から離脱した
6. タカシ見事復活!!  [ クレオの今日の出来事 ]   2005年07月23日 12:08
nikkansports.com > プロ野球 > 阪神対横浜今日のベイは阪神戦@甲子園。オールスター戦前の最終戦です。結果は、延長11回、1−0でベイが快勝、貯金1で折り返しです。◇ 今日はタカシがホント良く投げてくれました   勝ち投手にはなれませんでしたが、9回を投
前半戦、「貯金1」でターン。横浜は最後の9連戦、なんと6勝2敗1分けで乗り切ったことになる。よくがんばった....
8. 佐々木の復帰を恐れるファン⇔首脳陣の判断に疑問  [ 1日1ベイ! ]   2005年07月23日 18:20
昨日のデイリーベイに「中継ぎ投入 前倒しに」という見出しで>【今、注目は佐々木の動向にある。今月14日にブルペンに入り、調整のペースを上げた。本人は「ブルペンに入れるようになったら早い」と言い、「これで上がってこなかった最後」と決意もあらわにする。これを受.
9. Viva!! Baystars & Searex前半総括(ベイスターズ編)  [ The South Tokyo Morning Blog ]   2005年07月23日 23:35
こうやって振り返ると、よく3位にいるよなあ・・・というのが私の感想です。
10. 横浜ベイスターズ クルーン投手、球速161キロ達成!  [ 野球場CAFE so-net店 ]   2005年07月26日 23:23
 ハマの最速男 161キロ達成!!  横浜ベイスターズのクルーン投手が、ついに日本プロ野球史上最速の160〓越えを達成しました。161〓との事です。   19日、マーク・クルーン投手は甲子園球場での阪神11回戦で、延長12回から登板し、赤星選手に対して
11. 全ベイが泣いた  [ The Fool on the Web ]   2005年10月17日 17:42
阪神0-1横浜 第12回戦(阪神7勝3敗2分)/観客数:47271人/試合時間:3時間27分  横浜九連戦の最後のゲーム。この九連戦についてはHoneywarさんのBlogを見ていただくとして、今日のゲームは斉藤隆の好投に尽きる。  高年俸にもかかわらずここ数年不甲斐ない成績で「アレ....

この記事へのコメント

1. Posted by 怒り屋長助   2005年07月22日 11:16
akasakaさんこんにちは

ベイ打線は阪神の抑え3銃士に苦手意識は少なくなっていると思います。
特にウィリアムズは嫌がっていると思うなァ
2. Posted by BE A HERO IN AKASAKA   2005年07月22日 12:44
怒り屋さん、こんにちは。
そうですね。次に期待したいところです。
でも藤川には相変わらず手も足も出なかったですね。
3. Posted by Honeywar   2005年07月23日 15:47
BE A HERO IN AKASAKA様、ご無沙汰しております!

 家に帰ったときは既に10回で、斎藤隆投手のピッチングは観られなかったのですが、よくがんばってくれましたね。
 AKASAKA様のレポートを読ませていただいて、グッと来るものがありましたよ。後半戦のキーマンになるかもしれませんね。

 後半戦は、中日戦からスタートですね。今季(も)、特に中日相手に弱いわけですが、この阪神戦のような熱い戦いを期待しています。
4. Posted by be a hero in akasaka   2005年07月23日 16:32
Honeywarさん!ご無沙汰です。
今年契約が切れる人たち、タカシ・タカノリ・大魔神・ワカタベ...。タクローを見習って「ケツに火がついたパワー」全開で頑張ってほしいです。このチームの後半戦は若手よりベテラン、「ラッキーボーイ」ではなく「ラッキーベテラン」が出てくるはずです!
5. Posted by be a hero in akasaka   2005年07月23日 17:36
Honeywarさん!この3連戦は全部ビデオ観戦だったのですがほんとうに見ごたえがありました。最近の試合を見ると、段々野球が堅くなってきたので、中日ともいい勝負ができるんじゃないかなと思います。相変わらず問題はレフトですが、南を守備固めで使えるのでよくなってきましたね。
6. Posted by SIMOON   2005年07月25日 10:59
be a hero in akasaka-san

まずは前半戦勝ち越しでの折り返しを喜びましょう。後半戦、またハマスタ行きましょう。ビールも美味い時期ですし。
7. Posted by TATEJIMA 4030   2005年07月26日 00:10
明日からいよいよ後半戦ですね。
落ち目のTATEJIMAと不気味な中日が首位争いをするだろうが、ベイスターズがその間隙をぬい、どのような展開をするのか非常に注目しております。
前半戦の最後の3連戦でTATEJIMAに見せたしつこさを明日からの中日戦にも見せて頂き、我がTATEJIMAの援軍をお願いしたい。
I LOVE BASEBALL. TATEJIMA 4030
8. Posted by be a hero in akasaka   2005年07月26日 00:43
SIMOONさん!そうですね。確かに欲の皮が突っ張って夢みたいなことを言っていますが、1st stepとして前半戦勝越しでの折り返しは乾杯何杯分の歓びかすっかり忘れて、後半戦の開始をもどかしく待っているだけでした。7年ぶりの勝越しターン、バンザ〜イ!8月の阪神戦、行きましょう!

TATEJIMAさん!
I love baseball, too!オレ竜はやはり露骨にやってきましたね。岩瀬やケンシンを温存し藤川2連投。クルーンは幸い1試合しか使われなかったので大丈夫だと思います。狭い地方球場の試合なら中日のアドバンテージも多少は小さくなります。なんとか8月第一週のハマスタでの阪神戦が首位攻防戦になるよう頑張ってほしいものです。
9. Posted by AKI   2005年07月26日 23:36
TBありがとうございます。
今日の試合は乱打戦で凄かったですが…。個人的には“12球団勝利”の門倉投手と“セ・リーグ全カード通算30勝以上”の山本昌投手と、この試合で達成するものがかかっている『投手戦』(師弟対決?)を期待していたのに、共にホームランで降板して残念です。明日から立て直して頑張って欲しいです。
10. Posted by be a hero in akasaka   2005年07月30日 02:55
AKIさん、コメントありがとうございます。本日の記事で触れましたがこの試合はなんともいえない試合でしたね。でも、一番惜しかったのは加藤じゃないですか。滅多にない地元登板で頑張ったのに...。あのアレックスのヘナチョコホームランで...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔