2005年06月25日

6/25 横2-5ヤ ヤクルトに勝てなければ上に行けない

弱き相手をくじくことは得意になってきた。楽天に6連勝、巨人にも5連勝。リーグ戦でもようやく5割を超えてAクラスにも入ってきた。決して本当の強さを身につけたとは思わないが、これから強くなればいい。その過程が早ければ今年大きなチャンスを掴むだろうし、少し遅くとも確実に前進をしてほしい。そんな思いでこのシーズンを見ている。



こんな記事を書いた。ヤクルトというのはこの類の本当の「強さ」を持っているチームだ。これに「勢い」がつけばいつでも優勝できる土台があると思う。大体140試合を勝ち抜くには「勢い」とか「神がかり」とかそういうものが欠かせないような気がするが、それは「土台」があってこそ。「土台」に「勢い」がついてこそ、勝ちを重ねられる。この「土台」がなければ、「春の珍事」や「夏場の息切れ」や「オールスター明けの快進撃」くらいにしかなれない。思えば98年も、97年にこの土台ができていて、それをベースに98年にタカシの復帰やローズの活躍でモノにできたわけである。

その意味では、ヤクルトや中日は怖い。本当の「強さ」がある。「勢い」がなくても、相手が躓かなくても、どの切り口からでも勝てるものを持っている。
阪神には圧倒的に多いファンの後押しや、お祭り的なムードに乗せられている部分がまだあるが、この2チームは本当に手ごわい。大味な巨人や、弱い楽天などお手の物でも、我が軍はこの2チームには弱い。それでもシーズン序盤はヤクルトはまだ本調子になかった。3年前に主砲ペタジーニに出て行かれ、エース藤井が故障で消え、それでもAクラスを維持してきた。それが、今年はエース石川も川島も開幕にいなく、五十嵐も本調子になかった。それでもなんとか凌いで、交流戦を突破口にここまで来ている。

我が軍も交流戦最後の楽天戦、リーグ戦再開幕の巨人戦、とお得意さんを食ってようやく調子が出てきたところ。この後の、ヤクルト−中日−阪神戦が真の試金石となる。そしてこの連戦には主砲多村はいない。であれば、この連戦を最低でも5割で凌げれば、今年も捨てたものではなくなる。そんな大事な「試金石シリーズ」初戦である。

先発はエース三浦。相手は序盤で叩いたことのある館山。全体を5割で行くにしてもこれは勝ちを狙える試合であろう。しかし、相手はさすが試合巧者。そして我が軍は、「考えないで思い切っていく」交流戦でそういうことを忘れたか。失策がらみの失点を重ねる一方、自軍の攻撃は、走者を重ねて出しても併殺で好機をつぶす。

こういう試合が「完敗」である。8対0や2対11ではない。選手の心にも改めて、シーズンを闘うのに必要なものと、それを得るための力の不足がわかったと思う。苦しい闘いが続くと思うが、何とかこのシリーズを乗り切って、真の力を手にしてもらいたい。



X-MODE VOL.4 GENERATION H
オムニバスクラブ
B00009V9F4

ホームパーティにピッタリ!

be_a_hero_in_akasaka at 23:29│Comments(2)TrackBack(4)2005 闘いの軌跡 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 三浦、早くも7敗目。  [ Everything under the sun and moon ]   2005年06月25日 23:55
今日は負けちゃったのですが、ヤクルトファンの人で普段お世話になってる方も多いので、今日は書きます!   三浦は、これで7敗目。 チームでは、ダントツですね。 内容自体はそんなに悪くはないんですけどね〜。 でも、大事な場面で打てない。。。 ランナーを返せ
2. 巨人○広島○横浜×、おしいっ!!  [ 出動!! だらダラ地球防衛軍 ]   2005年06月26日 03:37
うわぁ〜4位転落!! せっかく巨人、広島がんばって、阪神、中日とやっつけてくれたのに ベイはどーなってんの?? 横浜○ならフィーバーやったのに!! 三浦がもうひとつ調子出ませんねぇ。 貯金もあとひとつ。 ここは首位との差は変化なしということで 優勝を目指す
3. 6/25 Sh 今日は宮崎DAY! YB 塩を盛れ!  [ まぁ一服! ]   2005年06月26日 04:40
★Sh 6×〓5 F(観衆33204名) 楽勝の展開かなと思ったんですが、 王子様魔の6回ジンクスは生きていたようでorz 神内も久々の登板でちと息み過ぎましたかね。
4. 6/25 残念! ベイスターズ対ヤクルト戦1  [ ベイスタ☆ファンの日記帳 ]   2005年06月26日 10:02
本日のベイスターズ対ヤクルト戦は2−5で敗れました。{/hiyoko_thunder/} 11安打2得点11残塁で拙攻の連続。{/hiyoko_thunder/} 走塁ミス、バッテリ−エラ−等ミスの連続。{/hiyoko_thunder/} 交流戦を経験し、試合巧者のヤクルトを迎えて、選手は何か変わったか、或

この記事へのコメント

1. Posted by たむ   2005年06月26日 00:00
本当にその通りですよね。
僕も、ヤクルトにはその土台があると思います。(もちろん中日にもあると思いますが、ヤクルトは今だけでなく野村監督以降ずーとあるような気がするので。)
多村のいない今が一番踏ん張りどころだと思います。
選手のみんなには、ミスをせず、つなぐ意識を忘れず、戦ってもらいたい。
2. Posted by BE A HERO IN AKASAKA   2005年06月28日 01:42
たむさん!
いつもコメントありがとう!!
ヤクルトはヤラシイですよね。この後中日、阪神とキツいカードが続きます。今までのような「成り行き野球」では勝ちこしは危ういです。もし負け越せばまた借金生活だし、せっかく食いついた首位を争う戦線から脱落してしまいます。
内川もいいと思うし、小池も。こっちも負けず劣らずヤラシイ野球をやりたいもんです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔